全科目免除申請用


インターネット試験申請受付

試験申請を行う方は、試験種別をご確認の上、試験申請ボタンをクリックして下さい。
既にインターネット試験申請を行った方は、申請内容確認ボタンから申請内容を確認できます。

工事担任者試験申請

試験申請
申請内容確認

料金振込の確認は
銀行=2営業日以降
コンビニ=2営業日以降
(営業日は、土・日・祝祭日を含みません)

ご案内

全科目免除申請に当たってのご注意

  • 実務経歴による試験科目の免除申請をする方は、平成17年8月以降に経歴証明書を提出し、科目免除が認められた方が同一種別の試験を申請される場合、又は今回の申請と同時に経歴証明書を提出し、経歴審査に合格した場合に科目免除となります。
  • 今回の申請で初めて「実務経歴」「認定学校修了」「技術検定合格」による試験科目の免除申請をする方は、申請を始める前に必要となる免除根拠資料を電子データ化(PDF形式等のファイル)し、申請完了時にアップロードできるよう準備をお願いします。
  • 申請時には、申請者の証明写真が必要となります。(申請完了時にアップロード【必須】)JPEG形式、2MB以下、6ケ月以内に撮影したもの。
  • 工事担任者資格・電気通信主任技術者資格・無線従事者免許および科目合格による免除申請をされる場合には、資格者証・免許証・試験結果通知書のアップロードは必要ありません。

全科目免除申請についてのお知らせ

  • 全科目免除申請は、試験申請受付期間以外の期間(メンテナンス時を除く)でも申請することができます。ただし、受験による科目合格の有効期間は、科目合格した試験が行われた月の翌月の初めから起算して3年間です。定期試験の試験種別の場合は3年以内に実施される最後の試験の申請受付期限まで、CBT方式による試験種別(第二級アナログ通信・第二級デジタル通信)の場合は有効期間の最終日の90日前までとなりますので、科目合格の試験免除適用をうける場合は、有効期限に気をつけて全科目免除申請をしてください。
  • 審査の結果により全科目免除とならない場合があります。このときは、試験を受けることとなります。
    審査結果は「試験免除通知書」により合格の通知を、全科目免除に該当しない場合は「要試験通知書」により試験案内をいたします。要試験通知書を受け取った場合は、指定期日までに3,100円を追加支払いして下さい。支払われない場合は、受験することができません。また、返金もできません。
    CBT方式による試験種別の場合は、別途通知するので指定期日までに3,100円を追加支払いのうえ、試験申請してください。
  • 試験手数料の払込み方法
  • 試験手数料払込期限は申請日を含め6日以内です。申請受付完了画面の払込期日をご確認ください。

    A 銀行での払込み

      試験手数料の払込み方法で「銀行振込」を選択し、指定された銀行口座番号に払込んでください。全国銀行協会加盟の銀行の窓口又はATMから払込みが可能です。(試験手数料:5,600円 払込み手数料は申請者の負担となります。)

    B コンビニでの払込み

      コンビニ(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)での払込みを希望される方は、Webから「スマートピットシート」を事前に入手し、インターネット申請の際、このスマートピット番号を入力します。
     スマートフォンからは「スマートピットポータル」よりスマートピット番号を取得できます。
    申請完了後、時間をおいて(30分以上)上記コンビニでスマートピット番号により支払います。この時、商品名は「種別+受付番号」となります。(試験手数料:5,600円 別途払込み手数料が必要です。)

その他

申請入力が完了し確認ボタンを押すと折り返し申請内容確認メールをお送りいたします。この時、スマートフォンで受信される方で@icloud.comを使用している場合OSのバージョンによって文字化けが発生することがありますのでPCで受信されるようお願いします。


このサイトでは、プライバシー保護のため、Digital IDを導入し、試験申請情報入力においてSSL暗号化通信を採用しております。